うさぎのペレットの切り替え時期や方法!変えたら食べないときの対策も紹介

うさぎ ペレット 切り替え時期 うさぎの餌

うさぎのペレットの切り替えについて、時期はいつごろなのかや切り替え方、食べてくれないときの対策をまとめています。

うさぎのペレットは年齢に応じた商品がでているので、うちも都度切り替えていっています。

ただいつ切り替えるかの目安や切り替え方が、商品や飼育本などによってビミョ~~に違うんですよね。

調べれば調べるほど分からなくなってきて、どうしたもんかねーと困った時期があります(;´∀`)

なので実際わたしはどのタイミングでペレットを切り替えたのか、その時期を選んだ理由をそえて書いてみました。

切り替え方や新しいペレットを食べてくれなかった時の対策も、合わせて参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

うさぎのペレットの切り替え時期はいつ?

年齢に合わせてうさぎのペレットを切り替えるなら、

・子うさぎから大人うさぎへ

・大人うさぎから高齢うさぎへ

の二回があります。また最近は7歳以上のスーパーシニアへの切り替えもありますね。

子うさぎから大人うさぎへは生後7~8か月ごろ、私は7か月になったときにペレットの切り替えを始めました。

理由は子うさぎ用のペレットでグルテンフリーのものが近くで購入できなかったから。

7か月以降のものならグルテンフリーが売ってたので、もう7か月に入ったら変えようって決めてたんです。

うさぎ ペレット 切り替え

あともう一つ、うちのアメリカンファジーロップの場合、長毛なので毛玉が心配で…(;´∀`)

選んだ大人用ペレットは、毛球ケアがウリの仕様になってるから、切り替える後押しになりました。

次に大人うさぎから高齢うさぎへですが、シニア用が4歳 5歳とみかけるんですよねー(中には3歳からOKってものも)

これがホント困りました、一体どれが本当のシニアなのかと。

ただ先代のミニウサギの話になりますが、4歳すぎからペレットを食べる量が減っていきまして。

動きもすこーーーしずつモサっとなってきたり、ああおじいちゃんになってきたんだなーと分かる感じでした。

なので4歳すぎてからシニア用に切り替えましたよ。量もすこし減らしました。

ペレットの成分や量があわないと、うさぎの体型にあらわれてくるので、なんか丸くなってきた…?って感じがした時も変え時かと思います。

というわけでシニア用への切り替えは、4歳ぐらいからペレットの食べ具合や、体型などと相談しながらってなります。

スポンサーリンク

成長以外の理由でペレットを切り替えたことも

うさぎのペレットを事情があって変えざるを得ない場合もありますよね。

うちも年齢以外の理由でペレットを切り替えたことが何度かあります。

・ペットショップにいた頃のペレットから別のペレットに変えた

ペットショップにいた頃食べていたペレットが、そのショップまでいかないと購入できなかったので、別のペレットに切り替えました。

ちょっとそのショップが遠くて、しかも通販の取り扱いもないやつでして。

値段も高めなのでもういいや切り替えようってなりました。

・知識がついてあげていたペレットに不安点などが出てきたときに変えた

飼育本は購入していたのですが、その後ネットでうさぎ情報をみたりしていたら、いろいろ知識がついてくるじゃないですか。

それでグルテンフリーを選んだ方がいいとか、カルシウムの少ないものをとか、気になることが出てきて(-ω-;)

うさぎ ペレット 変える理由

なので新たによさげなペレットを購入して切り替えました。

・急に食べてくれなくなったときに変えてみた

これはミニウサギがあんなにガッツいて食べていたペレットを食べなくなったことがあり、試しに変えてみました。

好みがかわったり飽きたりして食べなくなることもあります。

メーカー都合でペレットの製造方法とか成分がかわることもあるし、急にペレットを変えないといけない事態も考えておいたほうがいいんですよね。

うさぎのペレットの切り替え方

うさぎのペレットの切り替え方ですが、もともとあげているペレットに、新しいペレットを少しずつまぜてあげるのが一般的です。

すこしずつの量は本などによって差があるけど、私は

  • 一回目 元のペレット9:新しいペレット1
  • 二回目 元のペレット8:新しいペレット2
  •  :
  • 最後の方 元のペレット1:新しいペレット9

という感じで切り替えていっています。

最初に混ぜたものをあげてみて、食いつき次第で次回の割合を決めてますね。

うさぎ ペレット 切り替え方

よく食べるなら二回目から新しいペレットの割合を増やすみたいな。残しまくるようなら次回も9:1のまま。

うさぎは胃腸がデリケートで、いきなりペレットを全とっかえしてしまうのはNGなんですよね。

だからすこーーーしずつ混ぜて様子を見ながら切り替えてください。

うさぎのペレットを切り替えたら食べないときは

このうさぎのペレットの切り替え、スムーズにいく場合と食べてくれな~いって場合とあります。

1割だろうが5割だろうが、新しいペレットだけキッチリ残して元のものだけ食べるんですよね…器用なw

まあ私もひなあられで好きな味だけ食べていいよって言われたら、あのサクサクのあられだけ食べるの出来そうかも。白色だったかな確か。

んで切替てみて新しいペレットだけ食べない場合、すこし様子見してみてください。

30分後とかにムシャムシャし始めることがあります。(長時間放置したペレットはダメですが)

渋々食べているのか、いつもと違うものだから警戒していただけなのかは分かんないですけど、完食してくれました。

その後も混ぜたものは気にせず食べることもあれば、後から食べてたりとペレットによる感じでした。

ただし、少し食べてみて「やっぱい~らないっ!」ってなったり、「絶対に食べないでござる!」って感じで一粒も食べないパターンもあります。

うさぎ ペレット 切り替え 食べない

食べないペレットは意地でも食べないぞという固い決意があるのかも。

何日か試してみて一切ニューペレットは食べないなら、もうどうしようもないので諦めるしかなかったです。

かなりペレットがムダになってしまうので、切り替えが不安なときはサンプルを試すという手がありますよ。

※全部のペレットがお試し出来るわけではないです。

楽天でもお試しサイズってことで200~300gのペレットがいくつかあります。

試してみたいペレットのサンプルがある場合だけできる方法ですが、大量にムダにするのはなるべく回避したいですよねー(-ω-;)ウーン

うさぎのペレット切替についてまとめ

・うさぎが生後7~8か月の時と、4~5歳、(最近は長生きなので7歳も)のときにペレット切り替え

・年齢に関係なくべつのペレットに変更することもある

・元のペレットと新しいペレットを混ぜて様子見しながら切り替える

・新しいペレットを食べない時は様子見、どうしても食べないなら諦める

うさぎってスキあらば食べ物以外もかじってしまうのに、ペレットやチモシーの味にはうるさいから不思議なんですよね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました